チェ・ジンシルの遺産を巡る争い - 嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク

家具通販

チェ・ジンシルの遺産を巡る争い

チェ・ジンシルの遺産 前夫チョ・ソンミンに行く可能性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081029-00000035-wow-ent

チェ・ジンシルの自殺は今も信じられない。彼女は、2009年の制作を目指してドラマの脚本も書いていたというから、突発的な自殺だったと思われる。

ドラマ「バラ色の人生」では、がんに侵され、無念の中で死んでいく主婦を演じているし、命の尊さはわかっていたはず。遺書も残さず、子供2人を残して死んでいったのは残念としか言いようがない。

そして、彼女の残した莫大な遺産をめぐって、骨肉の争いが繰り広げられる可能性があるという。

なんと、全財産が、実質的に離婚した前夫であるチョ・ソンミンにいく可能性が強いのだ。

もちろん、離婚すれば赤の他人で、遺産相続権はなく、全財産は未成年の子供二人に行く。しかし、子供の親権がチョ・ソンミンに移るため、財産管理権もチョ・ソンミンが手にいれることになるというのだ。

つまり、実質的にチョ・ソンミンの財産になってしまうということになる。

私の考えでは、莫大な財産が、赤の他人である、チョ・ソンミンが手に入れることは、一般通念上許されがたく、また、公序良俗に反すると思われることから、親権を実行する上で必要な範囲の財産に限定されるのではないだろうか??

いずれにしろ、財産をめぐっては、協議が成立しない場合、裁判となることも考えられる。

遺書さえ残していれば、こうはならなかったであろう。

イ・ウンジュ(2005年)、チョン・ダビン(2007年)という若手有望女優の次に、チェ・ジンシルという大女優が自殺するという、今の韓国芸能界というのは、いったい、どうなっているんだろうか。これを最後にしてほしいとつくづく思う。



韓国ドラマ
の最新情報は
→ 人気blogランキング ブログ村(韓国ドラマ)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバック

Copyright © 嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。