ユン・ウネの演技に脱帽(コーヒープリンス1号店) - 嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク

家具通販

ユン・ウネの演技に脱帽(コーヒープリンス1号店)

ユン・ウネと言えば、宮(クン)の可愛らしい主人公。長澤まさみを彷彿とさせるような美少女というイメージしかなかった。元アイドル歌手というだけで、演技にはあまり期待しないだろう。

評判がいいのは知っていたが、あまり観る気の起こらなかった「コーヒープリンス1号店」をなんとなしに見始めて、驚いた。ユン・ウネが完全に男の子になりきっているのだ。

コ・ウンチャンと言う名の「とても気さくで、とにかくいい奴」を演じている。コン・ユの店長が惚れる前に、たぶん、視聴者が惚れてしまうだろう。

第6話までしか見ていないが、コン・ユが男だと思い込んでいるにも関わらず、ユン・ウネを抱きしめてしまうところで、終了した。無理せず、さりげなく男の子を演じているユン・ウネの演技力は「」からは想像ができないほどである。「」の演技がひどいという意味ではないが。

何か賞を取っているはずと、ネットで調べたら、第44回百想芸術大賞 TV部門女最優秀演技賞(2008年) を受賞していた。やっぱり。私の感覚もそうずれていない。

それぐらい素晴らしい演技力なのだ。演技とは思えない演技。ナチュラル。

コーヒープリンス1号店」は映像も、ストーリー構成もお洒落なドラマだ。ユン・ウネが見事に演じるコ・ウンチャンの存在感に胸が熱くなること間違いなし。

ユーモアも濃くなくてライト感覚なところがいい。コン・ユだけじゃなくて、コン・ユの従兄役のイ・ソンギュンもいい。彼の低音の美声には痺れてしまう。いい俳優だなあ。

イ・ソンギュンの恋人で、コン・ユの片思いの相手、画家の
チェ・ジョンアンは、韓国ドラマに典型的な美女。良く見ると、海神でチャン・ボゴの奥さん役の女優ではないか。この女優は、時代劇よりも現代劇の方がお洒落で綺麗だなと思った。

というわけで、今は「コーヒープリンス1号店」を毎日1話ずつ観ている。実は、毎日1話ずつ観るつもりだったのだが、昨日も今日も2話ずつの観賞で、4日で6話まで見終わったのだった。1話で終えられないほど楽しいドラマなので・・・。

これは大変面白いドラマなので、皆様にもお勧めします。

韓国ドラマの最新情報なら
→ 
人気blogランキング  ブログ村(韓国ドラマ)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバック

Copyright © 嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。