暗黒半島・李氏朝鮮 韓国歴史ドラマの時代背景はウソばかり - 嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク

家具通販

暗黒半島・李氏朝鮮 韓国歴史ドラマの時代背景はウソばかり

韓国ドラマの時代劇を見ると、色彩鮮やかで絢爛たる衣装を来た人たちが溢れかえっている。確かに宮廷などはそんな風だったかもしれないが、李氏朝鮮時代の500年間、貨幣経済も商店もなく、貴族である両班(ヤンバン)以外の9割を占める一般民衆は、白い服しか着ていなかったらしい。
染料を買うなら食料を買ったほうがましだから。。。というか、貨幣経済ではなく物々交換経済だから、「買う」という表現はおかしいのだが。。。

歴史ドラマに描かれている民衆の暮らしもかなりひどいものではあるが、実際はもっとひどいものだったらしい。

韓国ドラマの歴史物は、虚構の世界を描いた絵空事だと言える。それは韓国人が「見栄っ張り」だからなのだろう。李氏朝鮮時代の惨めで暗黒だった500年間は、国民に正直に教えないで、日本にばかり「正しい歴史認識」を強要してくる。

自分たちの間違いや惨めさを認めず、美化しようとする、その気持ちは理解できないわけではない。しかし、真実の歴史に目を背け、歴史ドラマに限らず、虚構の世界を観念として創り上げ、朝鮮民族の優秀性を誇示しようとする傲慢さ・虚栄心には呆れるものがある。

韓国で美容整形が普通に行われるのは、真実を捻じ曲げても見栄を張りたいという精神が、国民性として深く定着しているからだろう。

暗黒の李氏朝鮮時代500年間を経て、韓国が近代化できたのは日本のおかげといえるだろう。しかし、この点については、韓国は全く歴史的に評価することはない。ひたすら反日教育に明け暮れ、日本に植民地化され虐げられた歴史を強調するのみである。

1910年に韓国を併合してから、朝鮮半島には多くの小学校〜大学が建設され、識字率が向上し、インフラ整備も進んだ。李氏朝鮮の元、長く続いた階級制度(一種の奴隷制度)から、一般大衆は解放されたのであるが、いつの間にか、悪者は、李氏朝鮮ではなく、大日本帝国になってしまっている。(参考記事;改めて、韓国という国の異常さを実感する日々

子供たちに、ウソの歴史を教え、歴史ドラマで、日本人を初めとする世界中の人たちを欺くのが韓国の国家戦略なのである。

しかし、アジアで最も嫌われているのは韓国人である。素性はすでに知れ渡っている。欧米人の評価までは知らないが、恐らく、日本人に対する信頼感の足元にも及ばないだろう。

なお、最近の調査では、日本にマイナスの印象を持っている韓国の人が77%に対し、韓国にマイナスの印象を持つ日本の人の割合は37%ということだ。これに対し、メディアは「両国民の認識の違いが浮き彫りになっている。」(毎日新聞)と評価しているが、子供のころから反日教育を受け続けて77%とは低すぎるし、逆に、韓流ブームが起き、一切の反韓教育を行っていない日本でのマイナス印象が37%とは高すぎるといえよう。
反日教育の実態については>>>反日政策の韓国

日本人の心には、人の悪口を言うことを潔しとしない、という美しいモラルが昔から根付いているせいもある。それでも、最近、この記事のように、韓国の悪口を言う人が増えたのは、最近の韓国政府の行き過ぎた異様な言動により、韓国および韓国人の正体に気づき始めた人が増えたためだと思われる。

◆『暗黒半島・李氏朝鮮@』宮脇淳子


この動画に対するあるコメントに同感した。
韓国の歴史を知るにつけ、日本は交流しないほうがいいと思う。かの国は大陸(中国)と常にかかわりあって生きてきた国、大国の-下で長く苦労してきた国だ。今、日本という「いいなり」になる国を-みつけて、日本を利用する戦略にまい進している。」

韓国ドラマの芸術性の高さは認めるが、韓流文化も日本を陥れようとする国策の一つに過ぎないならば、日韓の文化交流はこれ以上進めるべきではないし、韓国は、中国と違って、日本にとって、必要不可欠な国でもないので、北朝鮮同様に、「近くて遠い国」扱いでいいのではと思う。

日本の芸能界・スポーツ界・経済界には、優れた人材の帰化した朝鮮人・韓国人も多くいるので、民族のDNA自体が劣っているとは思わないが、日本が、今の朝鮮半島と関わるメリットは少ないと思う。




この記事へのコメント
東京オリンピックの招致妨害も酷かったね。栃木や群馬の海産物も輸入禁止だなんて、無茶苦茶。単に東京が選ばれるのを妨害したかっただけ。そんなこと、民主国家が普通やるかい??

逆に、北朝鮮は日本に投票したらしい。最近、韓国が酷過ぎて、北朝鮮がいい国に思えてしまうから不思議だ。
Posted by ゲス過ぎる韓国 at 2013.09.11 21:05
韓国が怒る理由は、1910年に朝鮮総督府が奴隷の身分を明記していた旧戸籍を廃止たこと。負けた百済などの民は奴隷になった。朝鮮で役人にに登用されるために、所有する奴婢の数は重要なポイントだった。両班階級は奴婢を酷使し、売買するだけで豊かになれた。これらの利権を日本の慣習や国際法、人権的視点からやめさせたのが日本、両班は代々日本をうらんでいた。イスンマンは両班出身。
Posted by 韓国が怒る理由 at 2014.09.21 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバック

Copyright © 嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。