DVD-Rの寿命について - 嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク

家具通販

DVD-Rの寿命について

毎年、暮れになると、お正月番組の溜め撮りのために、VHSビデオテープを10本も20本も買う人をよく見かけます。数年前は自分も買っていました。

しかし、今やビデオテープで見る人は少なくなりましたね。なんせVHSビデオは、早送りが大変。DVD−Rなら、チャプターを挿入していれば、本のしおりみたいなもので、一気にその箇所へ飛ぶことができます。

また、たいていのDVDプレイヤーは、前に見るのを止めた箇所を覚えていて、そこから再生が始まるような機能が付いています。

ところで、DVD-RとDVDの違いはご存知ですか?意外と、あまり気にしたことも考えたこともない人が多いですね。

DVD-Rは表面に青い塗料が薄く塗られていますので、青っぽいのが特徴です。ツタヤでレンタルした正規品のDVDは盤面が白っぽいですよね。プレスカットされていて、かなりの傷が付いていても、再生に問題が出ることはまずありません。レンタルしたDVDって、傷だらけでも再生には影響ないですよね。

DVD-Rも一度録画したら、10年でも20年でも再生できると思っている方多いです。

それは、ま・ち・が・い・で・す!(唐沢寿明風に)

私自信の例では、韓国製の録画済DVD-Rを半年間、普通に本棚に保存していたにも関わらず、以前問題なく再生できたのに、一部のものが映らなくなりました。

パソコンで、特殊なソフトを使って読み込み、再度別のDVD−Rに焼きなおして復活させましたが、状態がひどいDVDーRだと、読み込み時にエラーが出て、復活できないことも多いです。

わずか半年です。海外製のDVD−Rだと、3ヶ月から1年以内に多くのものは再生できなくなるようです。勿論、例外もありますけどね。

DVD-Rというのは、安価である代わりに、非常に脆弱なメディアだという認識が必要ですが、商品のパッケージにはそのような記述は特になく、皆さん、半永久的に再生が可能であるかのような思い込みをもたれています。

しかし、DVD-Rの寿命は10年ぐらいと見ておいたほうがよいでしょう。

日本は高温多湿で、冬場でも、マンションなどは結露が発生しやすいからです。DVD-Rの表面の塗料は、湿度や温度、圧力などに非常に弱く、塗料が溶けると、屈折率などが変化して、再生エラーになる可能性が高くなります。

海外製は、比較的工業の発達した韓国や台湾の製品も含め、数ヶ月でだめになる可能性が高いです。

科学的に検証した結果ではなく、私の個人的な経験、および、ネットなどでの口コミ情報ですので、絶対とはいえませんが、海外製品は使わないほうが良いでしょう。

私は、日本製でも太陽誘電製(ザッツThats)のDVD-Rしか使用しません。DVD-Rにはプレイヤーとの相性の問題がつきもので、あるメーカーのプレイヤーでは、どうしても再生できないDVD-Rというものがでてきます。
太陽誘電製品はほとんどのメーカーのプレイヤーとも相性がよく、再生エラーが発生しにくいというのが、私の経験上の評価です。

TDKやSONYも評判はいいようですが、SONYの製品は、実は太陽誘電が作っているというような噂も聞きます。所謂OEMというやつですね。安くいいものを作る技術があるので、他社ブランド販売品を、太陽誘電が生産しているというわけです。

DVD−Rは圧力にも弱いので、積み置きして保管しないで下さい。日光が当たらず、通気性もよく、結露が生じにくい場所の本棚などに、ケースに入れて立てて保存してください。

扱う際は、傷をつけないように細心の注意を払ってください。汚れをふき取るときは、めがね拭きの布で中心から外側に向かってやさしく、傷をつけないように拭いてください。

また、プレイヤーのレンズは、専門のレンズクリーナーで時々お手入れしてください。DVD-Rに異常がなくても、プレイヤーの傷みによって再生できなくなる場合もあります。プレイヤーも日本製をご購入下さい。使う頻度にもよりますが、5年〜10年で、プレイヤーにも寿命がきますから、古くなればなるほど再生エラーが発生しやすくなります。

「25度で湿度50%の暗所で保管した場合、100年後で生存確率99%以上」というのが太陽誘電の正式なコメントですが、現実には10年も持てば上出来ではないでしょうか。

万一海外製のDVD-Rに焼いてしまった場合は、早めに日本製に焼きなおした方がいいでしょう。書き込みのできるDVDドライブ付きパソコンがあれば、簡単にコピーできます。焼くのに30分程度かかりますが、コピーの仕方などは、書店へ行けば雑誌や単行本で誰でも手に入ります。

韓流ブログにそぐわない内容かもしれませんが、多くの韓流ファンは、DVD-Rに録画したドラマ作品や映画作品をコレクションされているので、参考情報として提供させていただきました。

ここでは、特に太陽誘電製品を高評価していますが、プレイヤーによっては、panasonicと相性が特に良かったり、ソニーやTDKのほうがいい場合もありますので、メーカー名としては参考程度に御願いします。


この記事へのコメント
前略
とてもありがたい文章で参考になりました。CPRMの録画が多いのでDVD-RWをほとんど使用しています。国産から輸入物まで数多く使っていますが、今回のお話と同じように半年でダメになってしまうことがあるのでしょうか?いろいろお聞かせ下さいませ。
後略
Posted by 韓流親父GANNOSUKE at 2008.01.18 09:48
どうも気づくのが遅れましてすみません。最近放置気味のブログなもので。

韓国製でも半年でだめになったことがあります。
やはり、日本製に拘る方が安全でしょうね。保管状態にもよりますけど。
Posted by ヒロシ at 2008.01.24 05:50
前略
 ご忠告ありがとうございました。トリダメしたRWを少しでも早く観てしまうように心がけます。「怪傑春香」や「サマービーチ」「ガラスの華」「ピアノ」「海神」など消えないうちに早送りでもチェックします。
 後略
Posted by 韓流親父GANNOSUKE at 2008.01.24 09:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバック

Copyright © 嫌韓オヤジのぶっちゃけトーク All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。